ゴシップG|トレンド・芸能ゴシップ最新ニュース

最新のゴシップニュースをはじめ、芸能・音楽・テレビ・映画・ドラマ・あらゆるエンタメ系トレンドニュースをいち早く紹介するゴシップ最速ニュース「ゴシップG」です!

【引退?!】欽ちゃん、19年前のあの大仕事で芸能界引退を考えていた

      2017/04/06

芸能ゴシップ エンタメ系トレンドニュース 最新情報 2chまとめ

【引退?!】欽ちゃん、19年前のあの大仕事で芸能界引退を考えていた

引用:yahooニュース

コメディアンの萩本欽一氏(75)が、
17日に日本テレビ系で放送されるバラエティー
「ドラマちっくニュース~ドラマを見ればニュースが分かる!」(後7時)に出演し、
1998年の長野五輪閉会式での衝撃エピソードを告白することが分かった・・・・・・

かつて高視聴率番組を複数持ち、
合計で「視聴率100%男」と呼ばれた萩本氏は、
テレビで見せる軽快なアドリブと温かさが高く評価され、
長野で行われた冬季五輪の閉会式司会という大役を務めた。
演出は劇団四季(当時)の浅利慶太さん。
紅白のタキシードで登場すると「私たちのふるさとは?」と
会場に問いかけ、「地球!」「The earth is our home」と
英語まで使って世界の心を一つにしようと努めた・・・・・・・

しかし当時の映像を注意深く見ると、
萩本氏がひどく緊張している様子が分かる。
実はこの閉会式はアドリブが禁止で、
台本はすべて秒単位で決められていたのだという。
アドリブが持ち味で丸暗記が苦手だという萩本氏にとって、
何を言っても通訳は台本通りに世界に伝えてしまいつらかったはず。
「このオリンピックで失敗して、芸能界を引退して…と思って」
「オリンピック以降の仕事は全部入れないで、
会社にもこれで大体辞める方向にあると伝えた」。
マスコミあての「サヨナラの言葉」まで用意していたという。

そんな覚悟のもと、見事に司会をやりきった萩本氏。
「人生で初めてセリフ通りに言えた、たった一つの仕事」
「一人で泣きました。マネジャーも一緒に泣いてくれました」と振り返り、
「2020年東京オリンピックの司会は、
全部アドリブでやって欲しい」と後輩にメッセージを送った。

同局が持つ100万本を超える取材映像から発掘した、
有名ニュースにまつわる「奇妙な映像」から
知られざる昔話を掘り起こす番組。ほかにも「1964年東京五輪には、
聖火専用の飛行機があった」「東京五輪の後で、
知られざるもう一つの閉会式が行われていた」
「大阪万博のテーマ曲を、あの国民的大女優が歌っていた」「沖縄返還で2度と買えなくなると、ある物に1万人が殺到」
「ロッキード事件にまつわる、奇妙な観光スポット」などを紹介する。



芸能ゴシップ エンタメ系トレンドニュース 最新情報 2chまとめ / ゴシップ最速ニュース

 - 芸能 ,